CONCEPT

コンセプト

実は、間取りの失敗は多い

【家を建てた後の不満】

間取りの後悔がおきる理由は、一般的に建売住宅はもちろんのこと、ハウスメーカーの規格住宅も間取りを自由に変更ができないためです。

人それぞれ個性があるように、暮らし方や、土地・環境の条件もお家ごとに全く違います。

「間取りの自由がない=お客様の事情が考慮されていない」とママHanaハウスは考えます。

よくある間取りの失敗例

収納スペースが使いにくい。 棚が邪魔で背丈のある物が入らなかったり、逆に小物を入れたいのに棚が無かったり。何をしまうか相談できたらよかったな。
間取りを決めた時はこれでいいと思っていたけど、実際建ってみたら全然陽射しが入らない。お隣の家で遮られてリビングが思ったより暗かった・・・。
キッチンの周りのコンセントが足りなくて延長コードを使っているけど、邪魔になるし汚れも気になるし、コンセントもっとつければよかったなぁ

一体どうすれば?

間取りの工夫で解決!

間取りの工夫
で解決!

ママHanaハウスでは、お客様のご希望・お悩みはもちろんのこと、ご趣味、生活スタイル、持ち物などヒアリングを重ねて、お客様一人ひとりのお悩みを解決する間取りをご提案します。

また月々の返済が負担にならないように、資金計画を大切に考えているため、間取りは自由で有りながら価格は998万円〜。

“後悔のない、わたしたちのための家づくり”を支えます!
ママHanaハウスへぜひご相談ください。

実際の解決事例の一部をご紹介します!

 生活感のないリビングにしたい

リビングが散らかってて友達を呼びたくても呼べないんですよー
なるほど、片付けやすい間取りにしたいですね。
そうですね。生活感を出したくないです。 いつでもすぐ綺麗にできると理想的ですね!
「隠せる収納」で5分で片付く間取りです。

LDKの壁側を収納とキッチンにして全部折れ戸で隠せるようにしています。 反対側にも大きな収納を作りました。

収納スペースが広い! キッチンまで隠せちゃうんですね。
これなら友達をいつでも呼べます♪

 家事がらくにできる家にしたい

アパートだとベランダに物を干しに往復するのが面倒で・・・。
家事が楽にできるようになりますか?
できますよ。
家事エリアをまとめましょう。

家事室を設けて、物干やアイロン等作業ができるスペースもつくりました。

引き戸を開けておけば家事室~脱衣所~キッチンまでウォークスルーでストレスなく行き来できますよ。

洗濯物でバタバタしなくてよくなりました。開けっ放しにできると行き来が楽ですね!家事室も明るくてお気に入りです♪

 趣味を楽しめる家にしたい

家族でキャンプ、いいですねー!
アウトドアがご趣味ですか?
そうなんですよ。道具もふえてきたし、かっこよく飾れる趣味部屋みたいなのがあるといいなぁ
そうですね。アウトドアグッズ収納でしたら、汚れが気にならない土間収納がおすすめです。
せっかくですので、いつでも眺められる玄関に趣味スペースをつくってみませんか。個性がでて素敵だと思います。

玄関が広いと便利だし開放感がありますね。自分の家に帰ってきた!て感じがすごくします笑
道具を眺めながら、次はどこに行こうか考えるのが最近の楽しみのひとつです。